嘉悦大学情報メディアセンター

Webブラウザの「リンク先読み機能」について

電子ジャーナルおよびデータベース利用の際、Webブラウザの「リンク先読み機能」により、バックグラウンドで利用者の意図しないアクセスが繰り返し行われ、大量ダウンロードとみなされる場合があります。

大量ダウンロードと判定された場合、電子ジャーナルおよびデータベースが一時的に利用停止となる、または、利用上限を超えてしまう等の影響が出る可能性がありますので、下記設定方法にて「リンク先読み機能」を無効としていただきますよう、ご協力をお願いいたします。

※ Microsoft Edgeは「リンク先読み機能」がデフォルトで有効になっておりますので、電子ジャーナルおよびデータベースを利用する際は、Google Chromeなどの他のブラウザを使用することをお勧めします。

※ 電子ジャーナルおよびデータベースは、「データベース一覧」からご利用ください。

Google Chrome

画面右上のアイコンその他
→「設定」
→ ページ下部の「詳細設定」
→「プライバシーとセキュリティ」の「予測サービスを使用してページをより迅速に読み
  込む」をオフにする

Mozilla Firefox

URL 欄に「about:config」と入力してEnter キーを押す
→「動作保証対象外になります!」という警告ページが表示されたら、「危険性を承知の上で
  使用する」をクリック
→「network.prefetch-next」を「false」にする

Internet Explorer 11

画面右上の歯車のアイコン
→「インターネット オプション」
→「詳細設定」
→「ブラウズ」の「パフォーマンスを最適化するためにサイトとコンテンツをバックグラウン
  ドで読み込む」のチェックをはずす
→「OK」

Microsoft Edge

画面右上のアイコン「・・・」
→「設定」
→「詳細設定を表示」
→「ページ予測を使って閲覧速度の向上、読み取りビューの改善、全体的な使用感の向上を
  図る」をオフにする